Gokor Chivichyan先生

ヨーロッパ詠春拳協会(EWTO)の寝技コーチであるGokor Chivichyan先生が

BJJの国際大会で金メダル取ったとの事。

2019年10月11日から13日までにドイツでセミナー開催予定。

wikiによると柔道、サンボ、BJJの国際大会で金メダル取った唯一の人らしい。

1980年代まだ総合格闘技がない時代にヨーロッパ詠春拳協会では

グランドマスターKeith R. Kernspechtの元 大師父 Victor Gutiérrez と 大師父 Javier Gutiérrez兄弟が 詠春拳にキャッチレスリング、柔道、サンボなどを融合させた詠春革命を開発しました。


グランドマスターのKeith R. Kernspechtは、常に5つの距離(キック、パンチ、肘と膝、投げ、寝技の距離)で戦闘を教えており、「コントロールと拘束(負傷することなく相手を克服する)」は、香港で学んだ伝統的な詠春拳に属しているのではなく、むしろ事前に習ったキャッチレスリングと柔道に由来しています。


伝統的詠春拳は寝技をやらないという考えがあり、したがって詠春拳ファイターは寝技対策は必要がないという態度を取りますが、ヨーロッパ詠春拳協会(EWTO)は詠春拳を完全な護身術として常に教育するよう努めています。そのため寝技も含まれています。完全な護身術システムは、単一のスタイルではなく、さまざまな武術、トレーニング方法などの組み合わせであり、あらゆる状況で機能しなければなりません。


グランドマスターのKeith R. Kernspechtは、自身が多くのスタイル学習または研究している(柔道、柔術、合気道、空手、太気拳、梁挺派詠春拳、他の葉問派詠春拳、葉問以前の詠春拳、ムエタイ、エスクリマ、相撲)梁挺派詠春拳の弱点を埋めるために、寝技でサンボのトップエキスパートからより多くを学ぶことを奨励しました。


6回の閲覧

最新記事

すべて表示

10日楽しみましょう❗

こんにちはNAOです。 既にブログで挨拶しましたが、皆様改めてよろしくお願いします。 10日は詠春拳をベースに、護身術法をいくつか紹介したいと思います。 こんな時、あんな時どうしたら?など、対処したいシチュエーションを教えて下さいね。 お会いできるのを楽しみにしています。

© 2012 by 日本護身術協会