護身術のトレーニング方法を見直そう!

青梅教室の個人レッスンの様子です


ほとんどの人は仕事を抱え、プロ格闘家のようにトレーニングする時間も無い中で、自分や大切な人を守るために、いつ出会うかかわからない襲撃者に備えなければなりません。それには短時間で修得でき実際に効果のある護身術であるべきです。さらに体格や性別、年齢に左右されない内容でなければなりません。 普段の日常生活の中の動きで護身術に使えるものが望ましいのです。 護身術はわかりやすく、簡単に使えないと挫折します。一般的に 護身術がうまくいかなかった事例で最も多い理由は、以下の2点なのです。「身体操作が難しい」、「技が多すぎて使いこなせない」。実に80%以上の方々は、護身術を習いだしてすぐに退会しているというデータがあります。 これは皮膚感覚を養成する練習方法です。

青梅教室では個人レッスンを中心に行っています。人数が増えればグループレッスンも考えております。 引き続き護身術の普及を目指します。

© 2012 by 日本護身術協会